いろいろぶろぐ

いろいろ書いていきます

東京都の世帯年収がついに500万円未満が半数以上となる。

東京都の世帯年収がついに500万円未満が半数以上となり、平成に入って最多となりました。

また、単身者世帯も初めて3割を超える結果となったようです。

年収500万円未満の世帯は52.7%

 

詳細は、

100万円未満の世帯が4.6%

100~200万円未満が11.3%

200~300万円未満が13.4%

300~400万円未満が12.9%

400~500万円未満が10.5%

単独世帯:84.1%、高齢者世帯:81.8%、母子世帯:82.1%

 

40代以上であれば一定の収入を射ている方も多いですが、それ以外の層では昇給もままならず苦しい生活をしている人も多いでしょう。

安定して昇給するH、M、F、N、T...その他大手系列などの一部企業の方を除き、平均年収は低いのが実態です。(民間給与実態統計調査を確認すれば大手企業との格差がわかります)

 

また今年は、都民ファーストの会に所属する東京都議会某議員の某知事に対して、元東京都知事の某氏は貧困者の実態が分かっていないという呟きが炎上しており、批判が殺到していました。

・カップ麺=貧乏生活

・本当にコストをセーブできるのは米とパスタです。

・カップ麺など贅沢品!

などと記載

 

カップ麺よりも袋麺のほうが安いことを理解していない人も多いようです。

米やパスタは安いとのことですが、実際はパスタは高く、米は安くでも買えます。

 

米や袋麺を活用するほうがもっと効率が良いでしょう。(ほかにも色々ありますが、実行できる環境などにも影響されます)